TOP > ノートパソコンのCPUベンチマークと性能比較

ノートパソコンのCPUベンチマークと性能比較

 ノートパソコンに搭載されるモバイル向けCPUの性能比較です。CPUベンチマークによる処理速度の比較、消費電力当たりの性能(ワットパフォーマンス)や価格当たりの性能(コストパフォーマンス)、世代間での性能差など、ノートPCのCPUを選ぶ際におすすめの比較情報です。
 ノートパソコンのCPUはデスクトップの自作やBTOパソコンの様に、後から同一ソケットの上位CPUへの交換が困難な為、ノートPC本体を選ぶ初期段階でしっかりとCPUスペックを検討しましょう。
 ハイクラスのBTOゲームノートでは、高性能なデスクトップ向けCPU(Core i7など)を搭載する機種がある為、それらのベンチマークデータは比較しやすいようにノートCPUの性能比較にも入れてます。





ベンチマークによるノートCPU性能比較


【ベンチマークを選択】
【CPU選択】
【表示モード】
<<< Left and right scroll >>>
INTEL
Core i9
INTEL
Core i7
INTEL
Core i5
INTEL
Core i3
INTEL
Core m
INTEL
Pentium
INTEL
Celeron
INTEL
Atom

<<< Left and right scroll >>>
AMD
Ryzen
Ryzen PRO 
 
AMD
Athlon
 
 
AMD
FX series
 
 
AMD
A series
 
 
AMD
E series
 
 

自作PC・BTOパソコン メーカー 公式サイト
ドスパラ
パソコン工房
ツクモ
マウスコンピューター icon
G-Tune icon
パソコン・パーツ 検索
ドスパラ
パソコン工房
ツクモ
G-Tune icon
Sofmap icon
Amazon




ノートCPUの消費電力とワットパフォーマンスの比較

 TDP(Thermal Design Power)は熱設計電力、あるいは熱設計消費電力とも呼ばれ、冷却構造として最大どれくらいの熱量を吸熱する必要があるかを示す値で、消費電力とはイコールではありませんが最大消費電力に近い値であるともいわれており、TDPはCPUの最大消費電力の目安として比較に用います。
 下記グラフは各CPUのTDP(≒最大消費電力)と、ワット当たりのCPU性能(ワットパフォーマンス)の比較です。 特に内蔵バッテリーでの駆動が多いモバイルノートパソコンでは、ワットパフォーマンスの高さが重要です。



ノートCPUの価格とコストパフォーマンスの比較

 ノートPCは自作やBTOデスクトップパソコンの様なCPU単体での購入というのはまずないですが、ノートパソコンのモバイル向けCPU自体にも当然価格があり、それはノートPC本体の価格に反映されます。
 コストパフォーマンスが高いからといって、CPUの総合性能自体が低すぎると非常に使い勝手が悪くなります。性能と価格のバランスの良いCPUを選びましょう。
※表記の価格は参考価格で、販売店や時期などにより変動します。
※価格が0円の表記は、価格データが未登録なだけで、製品が0円という意味ではありません。




ノートCPUスペック一覧

 ノート(モバイル向け)CPUのシリーズ・世代・アーキテクチャ・動作クロック・製造プロセスなどのスペック一覧です。
 「CPU選択」で選んだモノだけ表示されます。
 更に詳細な情報は、各CPUメーカーの公式サイトを御覧下さい。
【intel】公式サイト 【AMD】公式サイト



ページトップへの移動ボタン


ノートCPU世代間の性能比較

 ノートパソコン(モバイル向け)のCPUは、デスクトップと比較してバリエーションが多く、世代によってもリリースされるラインアップが様々なので、新旧すべての世代を通じて同じコンセプトモデルによる比較が困難です。
 その為、下記のグラフでは、特殊なモデルを除く各世代のベンチマークが大きなノートCPU(一番大きいとは限らない)を軸として選び、世代間のベンチマークとワットパフォーマンスをザックリと比較しています。
 超省電力の「Uシリーズ」のCPUは、ベンチマークが少し低めに、ワットパフォーマンスは高めになります。

ノートCPU世代間のベンチマーク比較
ノートCPU世代間のベンチマーク比較グラフ ノートCPU世代間のベンチマーク比較グラフ

ノートCPU世代間のワットパフォーマンス比較
ノートCPU世代間のワットパフォーマンス比較グラフ ノートCPU世代間のワットパフォーマンス比較グラフ

ノート(モバイル)向け
Intel Core i プロセッサーの世代別アーキテクチャ一覧
CPU世代 CPU型式 CPUアーキテクチャ
開発コード
第10世代 10000番台
1000G番台
Comet Lake
Amber Lake Y
Ice Lake
第9世代 9000番台 Coffee Lake Refresh
第8世代 8000番台 Coffee Lake
Kaby Lake G
Kaby Lake R
Whiskey Lake
Amber Lake Y
第7世代 7000番台 Kaby Lake
第6世代 6000番台 Skylake
第5世代 5000番台 Broadwell
第4世代 4000番台 Crystal Well
Haswell
第3世代 3000番台 Ivy Bridge
第2世代 2000番台 Sandy Bridge
第1世代 800番台
700番台
600番台
500番台
400番台
300番台
Clarksfield
Arrandale


ページトップへの移動ボタン