CPU性能比較(デスクトップ)

 パソコンを選ぶ際に大事なのがCPUの性能比較ですが、CPUの2大メーカーであるIntelとAMDの現行CPUだけを見ても数多くのラインアップがあり、スペック表の数値を比較しただけではどれを選べば良いのか悩むこともあります。また、比較的CPU負荷の高いゲーム用途やマルチメディア系の編集処理をしたい、あるいはホームPCとして静音で省電力なお手頃価格のCPUを選びたいなど、パソコンの使用目的や設置環境によっても選ぶCPUは変わってきます。本ページではデスクトップ向けCPUのベンチマークをもとに様々なデータをグラフ化により性能を視覚化して各CPUの性能を比較しやすくしています。(ノートパソコンのCPUベンチマークと性能比較はこちら

ベンチマークによるCPU性能比較

CPU性能比較に用いるベンチマーク
  • PathMark
  • CINEBENCH R15 (シングルコア/マルチコア)
  • CINEBENCH R10 (シングルコア/マルチコア)
【 CPU選択 】
ベンチマークを選択
INTEL
ハイエンド
INTEL
Core i7
INTEL
Core i5
INTEL
Core i3
INTEL
Pentium
INTEL
Celeron
 Core X  第7世代  第7世代  第7世代  G4000番台  G3000番台
 6000番台  第6世代  第6世代  第6世代  G3000番台  G1000番台
 5000番台  第5世代  第5世代  G2000番台
 4000番台  第4世代  第4世代  第4世代
 3000番台  第3世代  第3世代  第3世代
 第2世代  第2世代  第2世代

AMD
Ryzenシリーズ
AMD
FXシリーズ
AMD
PRO Aシリーズ
AMD
Aシリーズ
 Threadripper  Piledriver  Bristol Ridge  Godavari
 Summit Ridge  Bulldozer  Kaveri
 Richland





ページトップへの移動ボタン

CPUの消費電力とワットパフォーマンスの比較

TDP(Thermal Design Power)は熱設計電力、あるいは熱設計消費電力とも呼ばれ、冷却構造として最大どれくらいの熱量を吸熱する必要があるかを示す値で、消費電力とはイコールではありませんが最大消費電力に近い値であるともいわれており、TDPはCPUの最大消費電力の目安として比較に用います。下記グラフは各CPUのTDP(≒最大消費電力)と、ワット当たりのCPU性能(ワットパフォーマンス)の比較です。



ページトップへの移動ボタン

CPUの価格とコストパフォーマンスの比較

下記のCPU価格の比較グラフは、各CPUの発売当時の価格をベースとしています。その為、時期が経過して価格が安くなってきたCPUのコストパフォーマンスはもっと良くなります。



ページトップへの移動ボタン


CPUスペック比較データ

上記の【CPU選択】で選んだCPUが、以下のスペック比較表に表示されます。



ページトップへの移動ボタン


CPU性能比較フォームの解説


CPU選択チェックボックスの画像
【CPU選択チェックボックス】

CPUベンチマークや性能比較グラフに表示したいCPUを、世代やアーキテクチャごとにグループ分けした単位で選択、または非選択にします。
これは表示するCPUの数が多過ぎて比較グラフが見づらい場合や、特定のCPU世代やアーキテクチャにターゲットを絞ってベンチマークと性能比較を行いたい場合に使用します。

このCPU選択チェックボックスで選んだCPUのみが、ベンチマーク比較グラフ/消費電力とワットパフォーマンスの比較グラフ/価格とコストパフォーマンスの比較グラフ/CPUスペック比較データに自動的に表示されます。

未選択のCPUや選択したベンチマークのデータがないCPUは非表示となります。


CPU選択ボタンの画像

【CPU選択ボタン】

上記のCPU選択チェックボックスに対し一括で処理します。

  「全て選択」--- CPU選択チェックボックスを全て選択(ON)します。

  「全て解除」--- CPU選択チェックボックスを全て未選択(OFF)にします。

  「最近のCPUだけ選択」--- 古いCPUを非表示(OFF)とし、最近のCPUだけを表示(ON)します。



CPUベンチマーク選択ボックスの画像
【CPUベンチマークを選択】

CPUの比較で用いるベンチマークを選択します。

CPUの性能を比較するベンチマークには、CPU総合性能やシングルコア/マルチコアでの性能、整数演算/浮動小数点演算性能、内蔵グラフィックス性能など多くの種類があり、重要視したいパソコンの用途(ホームユース、ゲーム、マルチメディア、クリエイター、エンジニア向けなど)により比較するベンチマークを選びます。
例えば、CPU内蔵グラフィックス機能も含めたCPU総合性能の比較ならPassMark、シングルコア/マルチコアでのCPU性能比較ならCINEBENCHがおすすめです。


ページトップへの移動ボタン