ノートパソコンのCPU性能比較

 ノートパソコンに搭載されるモバイル向けCPUの性能比較です。CPUベンチマークによる処理速度の比較、消費電力当たりの性能(ワットパフォーマンス)や価格当たりの性能(コストパフォーマンス)など、ノートPCのCPUを選ぶ際におすすめの比較情報です。
 ノートパソコンのCPUはデスクトップの自作やBTOパソコンの様に、後から同一ソケットの上位CPUへの交換が困難な為、ノートPC本体を選ぶ初期段階でしっかりとCPUスペックを検討しましょう。
 ハイクラスのBTOゲームノートでは、高性能なデスクトップ向けCPU(Core i7など)を搭載する機種がある為、それらのベンチマークデータはノートCPUの性能比較にも入れてます。
デスクトップCPUのベンチマークと性能比較はこちら

ベンチマークによるノートパソコンCPUの総合性能比較

ノートパソコンCPU性能比較に用いるベンチマーク
  • PassMark
  • CINEBENCH R15 (シングルコア/マルチコア)
  • CINEBENCH R10 (シングルコア/マルチコア)
【 CPU選択 】
ベンチマークを選択
INTEL
Core i7
INTEL
Core i5
INTEL
Core i3
INTEL
Pentium
INTEL
Celeron
INTEL
Atom
AMD
FXシリーズ
AMD
Aシリーズ
 第7世代  第7世代  第7世代  N4000番台  N3000番台  N2000番台  9000番台  9000番台
 第6世代  第6世代  第6世代  N3000番台  N2000番台  8000番台  8000番台
 第5世代  第5世代  第5世代  4000番台  3000番台  7000番台
 第4世代  第4世代  第4世代  3000番台  2000番台  6000番台
 第3世代  第3世代  第3世代  2000番台  1000番台
 第2世代  第2世代  第2世代  A1000番台        
 B900番台        
       900番台        



【最新CPU搭載のノートパソコン】
Sponsored Link
パソコン工房 icon ドスパラ ツクモ マウスコンピューター icon


ページトップへの移動ボタン

ノートパソコンCPUの消費電力とワットパフォーマンスの比較

TDP(Thermal Design Power)は熱設計電力、あるいは熱設計消費電力とも呼ばれ、冷却構造として最大どれくらいの熱量を吸熱する必要があるかを示す値で、消費電力とはイコールではありませんが最大消費電力に近い値であるともいわれており、TDPはCPUの最大消費電力の目安として比較に用います。下記グラフは各CPUのTDP(≒最大消費電力)と、ワット当たりのCPU性能(ワットパフォーマンス)の比較です。
特に内蔵バッテリーでの駆動が多いモバイルノートパソコンでは、ワットパフォーマンスの高さが重要です。



ページトップへの移動ボタン

ノートパソコンCPUの価格とコストパフォーマンスの比較

ノートPCは自作やBTOデスクトップパソコンの様なCPU単体での購入というのはまずないですが、ノートパソコンのモバイル向けCPU自体にも当然価格があり、それはノートPC本体の価格に反映されます。
コストパフォーマンスが高いからといって、CPUの総合性能自体が低すぎると非常に使い勝手が悪くなります。性能と価格のバランスの良いCPUを選びましょう。



ページトップへの移動ボタン


ノートパソコンCPUのスペック比較データ

上記のCPU選択のチェックボックスをONにしたCPUのみ、以下のスペック比較表に情報が表示されます。




ページトップへの移動ボタン