OSをアップグレードしたい


Windows7 professionalのイメージ
Windows7 Homeのイメージ
古いパソコンではOSも古い場合もあり、現在主流のWindows7より前のVistaやXP等で運用しているユーザーもいるかと思います。もちろんVistaやXPもまだまだ現役で使えるので、Windows7へアップグレードしなければならない訳ではありません。むしろ安定稼働して機能や性能に満足しているなら、無理にOSのアップグレードをしない方が良いでしょう。

ここでは古くて使ってないPCに最新OSを入れて再利用したい、あるいはXPやVistaでは物足りず、最新のWindows7をどうしても使いたいという場合に、OSのアップグレードについて検討していきます。

※OSのアップグレードは自己責任で行ってください。
※パソコンのメーカー保証対象外となる場合もあります。
※全ての製品に問題なく適用出来るとは限りません。
※使っていないPCでのチャレンジをおすすめします。(つぶしても構わないパソコン)
※他に正常稼働しているPCがあるのが望ましい。(ドライバーの入手や情報調査等で使用する為)



OSアップグレード前の確認や検討

OSのアップグレードをする前に次の事について検討や確認をします。
  • 新しいOSのライセンスの確保
  • 新しいOSのビット数(32bit/64bit)とエディションをどれにするか
  • PC本体(主にマザーボード)の、新しいOSへのドライバー対応状況の確認(32bit/64bit含めて)
  • 使いたい周辺機器の新しいOSへのドライバー対応状況の確認(32bit/64bit含めて)
  • 使いたいソフトウェアの新しいOSへの対応状況の確認(32bit/64bit含めて)

●新しいOSのライセンスの確保

新しいOSを使うには、そのOSのライセンスを購入する必要があります。Linux系の無料OSもありますが、Windows7はもちろん有料です。Windows7を購入する選択肢としてはパッケージ版とDSP版があります。

パッケージ版には32bit/64bitの両方のライセンスが含まれていたり、他のPCへのライセンス移行が出来るというメリットがありますが、DSP版と比較すると高価で、そこまでお金を払うなら新しいBTOパソコンを購入するという考えにもなります。

DSP版は自作ではおなじみのライセンス形態で、パッケージ版と比較すると大幅に安く購入出来ます。

合わせてこちらも御覧下さい → OSのライセンスについて


●新しいOSのビット数(32bit/64bit)とエディションをどれにするか

Windows7にも、bit数の違いやエディションの違いにより選択肢が幾つかあります。
4GB以上の大容量メモリーを使う場合は64bitが必要となり、時代の流れ的にも64bitへの移行が進んでいるので、特に支障が無ければ64bitがおすすめです。
32bitを選ぶ場合の理由は、使いたい古いハードウェアやソフトウェアや周辺機器等が64bitに対応していない場合に選択することが出来ます。

Windows7のエディションにも幾つか種類があり、現在市販されているBTOパソコンでは、Windows7 Home Premium(比較的低価格なBTO)や、Windows7 Professional(ハイエンド向けBTO)が多く使われてます。
一般家庭での普通のホームユース用途であれば、安価なWindows7 Home Premiumがおすすめです。


●PC本体(主にマザーボード)の、新しいOSへのドライバー対応状況の確認(32bit/64bit含めて)

古いパソコンのマザーボードのメーカーと型式を調べます。PCのマニュアルや仕様書に記載されていれば良いですが、記載されていなかったり紛失してしまった場合は、パソコンのカバーを開けてマザーボードを見ると、どこかに記載されているはずです。(独自設計以外)

メーカーと型式が分かれば、マザーボードメーカーのホームページで、そのマザーボードのデバイスドライバーを確認します。マニュアルやユーティリティーやBIOS等たくさん掲載されていますが、まずは次のデバイス関係のドライバーを優先的にチェックします。(デバイスの名称はメーカーにより異なる場合もあります)
  • チップセット
  • SATA/RAID
  • LAN
  • VGA
  • AUDIO
これらのデバイスドライバーとしてWindows7(32bit/64bit)用のドライバーが掲載されていればOKです。
もしWindows7用のドライバーが掲載されていなくても、Windows7自体に予め多くのデバイスに対応する標準ドライバーが含まれており、それらを利用して稼働させられる場合も多くあります。各デバイス固有の性能や機能を最大限引出すには、各メーカー毎のデバイスドライバーを使うのが望ましいですが、標準ドライバーでも普通の使用レベルでは問題なく使える事も多くあります。


●使いたい周辺機器の新しいOSへのドライバー対応状況の確認(32bit/64bit含めて)

各周辺機器メーカーのホームページで、Windows7(32bit/64bit)用のデバイスドライバーが公開されているかを確認します。
こちらもWindows7の標準ドライバーを使える場合もありますが、各周辺機器固有の機能を使うにはメーカー専用のデバイスドライバーが望ましいと言えます。


●使いたいソフトウェアの新しいOSへの対応状況の確認(32bit/64bit含めて)

各ソフトウェアメーカーのホームページで、Windows7(32bit/64bit)への対応状況を確認します。Windows7へ対応されていなければ、次の選択肢を検討します。
  • Windows7へのアップグレードを諦める
  • Windows7 Professionalで使える「XP MODE」を試してみる
  • Windows7対応のソフトウェアへ買い替える
  • 他の古いOSが稼働しているPCで、そのソフトウェアを使う(運用を切り分ける)
  • マルチブートにして、古いOSと新しいOSの両方を切り替えて使える環境を構築する


●実際のOSをインストールする時は

OSをインストールするHDDとしては、別途HDDを購入してそれに新規インストールするのがおすすめです。というのは、古いパソコンに搭載されている古いHDDは、年数的に寿命を迎えやすい事と、最新のHDDはアクセス速度が向上しておりパフォーマンスが良く安価で大容量な製品が多い事と、OSのインストールに失敗しても、HDDを戻せば元の状態に戻せる、という理由です。

最新の500GB~1TB程度のHDDは安価で性能も良いので、システムドライブとしておすすめです。

※古いパソコンのHDDでは接続コネクターがIDEタイプの場合もあり、現在主流のSATAのHDDを接続するにはSATAポートが必要となります。事前に確認しましょう。

合わせてこちらも御覧下さい → ハードディスクドライブ(HDD)について



トップページへの移動ボタン