評価ポイントについて


BTOパソコンを購入する時、何を基準に選ぶでしょうか?CPUやグラフィックスボードの性能、メモリやHDDの容量、これらはもちろんパソコンの性能に直結する大事な部品ですが、これらの部品は後から交換や増設が比較的簡単に出来るモノなのです。

メーカー製パソコンと違い、自作の部品が使えるBTOパソコンの楽しみ(メリット)は、部品の交換や増設を繰り返し、アップグレードしていく事が出来るという点があります。
そして、これらのベースとなるのがPCケースで、そのPCケースの選び方がとても大事です。

自作の場合は、たくさんのPCケース製品の中から好きなモノを選べますが、BTOパソコンの場合は選択肢に制限があるので、その限られた中から良いモノを選ぶ事が、後々の為になります。
(ただ安いという理由だけで選ぶのはおすすめしません)

  • ケースの拡張性が低ければ、たくさん部品を増設出来ない。
  • ケースの冷却性が悪ければ、高性能な部品や多数のHDD増設は厳しい。
  • ケース内部が狭ければ、部品の交換やケーブルの引き回しが困難。

BTOパソコンの主要パーツ(CPUやグラフィックスボード等)は、各メーカーやショップで同じ様な部品を搭載しているモノが多いので、購入時での性能の差は殆ど無いでしょう。
それよりも、その後の部品交換や増設の事を考えて良いPCケースを選ぶの事をおすすめします。

各メーカーやショップによって、BTOパソコンで使うPCケースは様々で、オリジナルでコストを安くしたケースや、メーカー製の人気のケースを選べる場合もあります。
これらの多数のケースの中から選ぶ為の一つの目安として、下記の様に評価ポイントとして数値化してみました。
もちろん実際のPCケースの評価はこれだけではなく、ケースの材質や厚さ(剛性)、加工精度、各種ギミック、メッシュやパッシブダクトや煙突効果での冷却改善等、様々な工夫を凝らしているモノもたくさんあります。
なので、各評価ポイントは参考程度に見て下さい。


【冷却ファンポイント】

PCケースに搭載可能なファンの数で、冷却性能の高さを評価します。
(ファン仕様未記載の製品は画像等から館長Eyeによる分析)


【ドライブベイ拡張ポイント】

オープンベイやシャドウベイの数で、HDDやドライブベイ増設機器の拡張性を評価します。
(使用中のベイも数に含める)

5インチオープンベイが1個 1ポイント
3.5インチオープンベイが1個 1ポイント
3.5インチシャドウベイが1個 1ポイント
2.5インチシャドウベイが1個 1ポイント


【奥行寸法】

PCケースの奥行寸法により、コンパクト性と作業性の評価をします。

スリム/ミニタワー  
    360 未満 矢印イメージ
360 以上 380 未満
380 以上 400 未満
400 以上 420 未満
420 以上 440 未満
440 以上    

ミドルタワー  
     ~  460  未満 矢印のイメージ
 460  以上  ~  480  未満
 480  以上  ~  500  未満
 500  以上  ~  520  未満
 520  以上  ~  540  未満
 540  以上  ~    



トップページへの移動ボタン