内部コネクターについて


BTOパソコンや自作で使われる、マザーボードと内蔵機器の接続用コネクターです。
購入時は必要な規格と数の内部コネクター(主にストレージ関係やUSBコネクター)が付いているか確認する事をおすすめします。


ストレージ関係
Serial ATA 【ストレート型】
ケーブルの画像

【L型】
ケーブルの画像
コネクターの画像 Serial ATA対応のドライブとマザーボードを接続します。
現在主流のSerial ATA2.5(3Gbps)と最新のSerial ATA3.0(6Gbps)とは、マザーボード側のコネクターが色分けされている場合が多いです。
ケーブル側のコネクターはストレート型とL型があり、接続部付近の干渉や引き回しを考慮し適する方を使います。
Serial ATAコネクターは抜けやすいので、抜け防止用のノッチ(ツメ)が付いたケーブルがおすすめです。
Serial ATA3.0(6Gbps)の接続用には推奨されるケーブルを使う事をおすすめします。
IDE ケーブルの画像 コネクターの画像 一昔前のUltra ATA接続のHDDやATAPI接続の光学ドライブで使われていたコネクターで、Serial ATAへの移行に伴い使われる機会が減ってきました。
1本のIDEケーブルで2台までのドライブを接続出来、ドライブ側のジャンパーピンでマスター/スレーブの設定を行います。
マザーボード側のIDEコネクターの多くは2個(プライマリIDE/セカンダリIDE)あるので、計4台までのドライブを接続出来ます。
プライマリ(ケーブル1本目)
  ・マスター/スレーブ
セカンダリ(ケーブル2本目)
  ・マスター/スレーブ
FDD ケーブルの画像 コネクターの画像 フロッピードライブとの接続に使います。
最近はFDDが使われる事も少なくなり、FDDコネクターの無いマザーボードが多くなっています。
パネルコネクター関係
電源スイッチ ケーブルの画像 【パネルコネクター】
コネクターの画像

【パネルコネクター用アダプター】
コネクターの画像
PCケースの各コネクターをマザーボードのパネルコネクターへ接続します。
(ピンの配置はマザーボードのマニュアルを参照) 

LEDは極性があるので[+][-]を確認します。ケーブルに色の付いている方や△印が付いている方が[+]で、白や黒が[-]の場合が多いです。

パネルコネクターへの接続場所は狭いので作業しづらいですが、アダプターで取付易いタイプもあります。

SPEAKERの接続先コネクターはパネルコネクター以外の場所にあるタイプもあります。

パネルコネクター接続部は抜けやすいので、ケーブルのクランプや引き回しを工夫し、抜けない様にしましょう。
リセットスイッチ ケーブルの画像
電源スイッチ用LEDランプ ケーブルの画像
HDDアクセス用LEDランプ ケーブルの画像
スピーカー ケーブルの画像
汎用コネクター関係
USB2.0 ケーブルの画像 コネクターの画像 PCケースフロントパネルのUSB2.0コネクター用です。
USB3.0 ケーブルの画像 コネクターの画像 PCケースフロントパネルのUSB3.0コネクター用です。
オーディオ関係
HD AUDIO ケーブルの画像 コネクターの画像 PCケースフロントパネルのオーディオ端子用コネクターです。
AC'97 ケーブルの画像     AC'97は古い規格で普通は使いません。
ケースファン関係
ケースファン ケーブルの画像 コネクターの画像 PCケースのファンを接続します。
マザーボード側のコネクターの数が不足の場合は、4ピンペリフェラルから分岐するケーブルも市販されてるので、別途購入します。
ファンコントローラを使う場合は、ファンコントローラのファンコネクターに接続します。



ページトップへの移動ボタン