外部コネクターについて


BTOや自作パソコンのマザーボードのバックパネルでよく使われている主な外部接続用コネクターです。
購入時は必要な外部コネクターが付いているか確認する事をおすすめします。


キーボード/マウス関係
PS/2 コネクターの画像 緑色がマウス、紫色がキーボード接続用で昔から長く使われてきましたが、USBタイプのマウス・キーボードが多くなり、PS/2コネクターを搭載するマザーボードも比較的減ってきてます。
汎用系
USB3.0 or 3.1
(Universal Serial Bus 3.0 or 3.1)
コネクターの画像 従来のUSB1.1やUSB2.0コネクターとの後方互換性を保ちつつ、USB3.0はUSB2.0の約10倍の5Gbps、USB3.1は10Gbpsの最大転送速度となります。
コネクターの色は従来規格と区別する為に青色が推奨されてます。
外付けHDDとのデータ転送速度の高速化にもおすすめです。
USB2.0
(Universal Serial Bus 2.0)
コネクターの画像 最大転送速度が480Mbpsの汎用接続コネクターで、対応機器が豊富にあります。
IEEE1394 コネクターの画像 最大転送速度が400Mbpsの汎用接続コネクターで、デジタルビデオカメラで多く使われてます。
FireWire、i.LINK、DV端子とも呼ばれます。
シリアル コネクターの画像 昔からある汎用のシリアル通信用のコネクターですが、現在では特殊な用途以外ではほとんど使われません。
パラレル コネクターの画像  昔からある汎用のパラレル通信用のコネクターですが、現在では特殊な用途以外ではほとんど使われません。
ストレージ関係
eSATA
(External Serial ATA)
コネクターの画像 内部ストレージ接続用のSerial ATAコネクターを外部接続用にしたコネクターで、外付けHDDを内部接続時と同様に高速データ通信が行えます。
SATA3対応だと最大転送速度が6Gbpsとなります。
映像・音声関係
ミニD-Sub15ピン
(アナログRGB)
コネクターの画像 昔から使われているアナログ伝送の映像出力コネクターで多くのディスプレイで対応していますが、最近はデジタル伝送のDVIやHDMI等が主流となっています。
DVI-D コネクターの画像 デジタル伝送専用の映像出力コネクターで、多くのマザーボードで使われてます。
DVI-I コネクターの画像 デジタル伝送とアナログ伝送兼用の映像出力コネクターで、変換コネクターでミニD-Sub15ピンに変換出来ます。
DisplayPort コネクターの画像 DVIの後継としてコネクターの小型化、実装コストの削減、転送速度の高速化等を狙い登場しました。
音声出力や著作権保護機能(HDCP)への対応も可能とされ、複数のディスプレイをデイジーチェーン(数珠つなぎ)接続も出来ます。
Mini DisplayPort コネクターの画像 DisplayPortのミニタイプです。
HDMI コネクターの画像 デジタル家電向けに映像と音声をデジタル伝送する通信規格で、著作権保護機能(HDCP)等にも対応します。
変換コネクターでDVI出力も出来ます。
Mini HDMI コネクターの画像 HDMIのミニタイプです。
S/P DIF OUT(光角型) コネクターの画像 音声のデジタル伝送を行うコネクターで、ケーブルに光ファイバーを使います。
オプティカル(Optical)とも呼ばれます。
S/P DIF OUT(同軸) コネクターの画像 音声のデジタル伝送を行うコネクターで、RCA端子を使います。
コアキシャル(Coaxial)とも呼ばれます。
ネットワーク関係
LAN
(RJ-45)
コネクターの画像 ネットワークケーブルを接続します。
現在の多くのマザーボードでは1000BASE-Tが主流で、通信速度は1000Mbps(Gigabit)まで対応します。



ページトップへの移動ボタン