フォームファクターについて


フォームファクタとは、ハードウェアの形状や大きさや取付位置等の取り決めで、同じ規格のモノは互換性があるとされます。
例えばATX規格のマザーボードであれば、ATX対応のPCケースであれば基本的には取付出来ます。
これは、マザーボードの寸法/取付穴/バックパネル/拡張スロット等の位置や形状がATX規格で決められている為です。

自作やBTOパソコン(主にパーツショップ系のBTO)の多くは、これらの規格の部品を使うので、新しい部品へのアップグレードが簡単に出来るのです。
(メーカー製PC等で独自設計されたパソコンは、この様な部品のアップグレードは困難です)

 

 PCケース

 マザーボード

ATX

【ミドルタワー型】

自作PCでは一番多く使われ、製品選択肢が豊富。サイズも大きいので拡張性が高く、作業性も良い。
デメリットとしては、サイズが大きく重い。
 ミドルタワーケースの画像 自作パソコンで主流のタイプ。
製品数も豊富にあり、価格も激安から高級品まで様々。拡張スロットも多く、色々なカードを増設出来る。
 ATXマザーボードの画像

Micro ATX 

【ミニタワー型】

自作PCでは2番目に多く使われ、ミドルタワーと比較すると拡張性は低いものの、サイズと拡張性のバランスが良く人気がある。
 ミニタワーケースの画像 自作パソコンで2番目に人気。
ATXマザーボードと比較すると拡張スロットの数が少ないので、拡張カードを増設する場合は、構成を考えて部品を選ぶ。
それ以外のスペックは、ATXマザーボードとほぼ同じなので、部品の交換や増設を楽しめる。
MicroATXマザーボードの画像 

【スリムタワー型】

幅が狭いのがメリット。ミニタワーよりも拡張性が劣る。
増設出来る拡張カードもロープロファイル限定の場合が多く、製品選択肢が限られる。
 スリムタワーケースの画像

Mini-ITX

【超小型ケース】

超コンパクトというメリットと引き換えに、拡張性は殆ど無い。
内部が非常に狭いので、部品の交換やケーブルの引き回しが困難で、冷却性も劣る。
 超小型ケースの画像 小型であるメリットと引き換えに、拡張性はかなり制限される。
拡張スロットが1本しか無い。
パソコンの超小型化や省電力化を最優先に考える場合は、この選択肢もアリ。
 Mini-ITXマザーボードの画像

※製品によっては、ミニタワーやスリムタワーでもATXマザーボードが入ったり、Mini-ITXマザーボードしか入らないスリムタワーケースもあります。PCケースを選ぶ時は対応するフォームファクタを確認しましょう。

※ロープロファイルPCIカード
幅や長さが制限されたコンパクトなPCIカードで、ケース内部の幅や奥行が短いモノに使われます。
  ●普通サイズのPCIカード
    幅:107mm/長さ:173mm(ショートサイズ)、312mm(フルサイズ)
      /ブラケット長:120mm
  ●ロープロファイルのPCIカード
    幅:64mm/長さ:120mm(MD1)、168mm(MD2)/ブラケット長:80mm



ページトップへの移動ボタン