電源について


BTOの多くや自作パソコンで使われる電源は規格化されており、主にATX電源が使われます。
(他にも小型PCケースで使われるSFX電源などもあります)
ミドルタワーやミニタワーのPCケースの多くはATX電源対応となっているので、電源交換の時はATX電源を購入すれば、PCケースへ取付出来ます。

→ 電源容量計算はこちら

取付位置と冷却用吸排気

通常は電源内にも冷却ファンが付いており、PCケース内から吸気してPCケース外へと排気します。
実際の電源の取付向きは、普通は吸気面が下向きになります。
取付位置はPCケース後ろ側の上側が多いですが、PCケースによっては下側に取り付ける場合もあります。

奥行について


ATX電源の画像
奥行の短いPCケースの場合は、電源(ケーブル含めて)と光学ドライブが干渉する場合があるので、奥行が比較的短い電源をおすすめします。
電源から出てくるケーブルの状態として、直付けタイプ(取外し不可)とプラグインタイプ(取外し可)があり、プラグインタイプは使わないケーブルを取り外す事が出来るので、PCケース内がスッキリしますが、プラグイン接続部でケーブルを曲げ難いモノもあり、光学ドライブと干渉する場合もあるので注意しましょう。





変換効率

電源の変換効率を表すモノとして
  ・80PLUS TITANIUM
  ・80PLUS PLATINUM
  ・80PLUS GOLD
  ・80PLUS SILVER
  ・80PLUS BRONZE
  ・80PLUS STANDARD
があり、上にいくほど変換効率が良く なり、これらの認証を受けた製品は高品質であると言えます。その分、価格も高くなりますが、最近では低価格の電源にも80PLUS認証の製品が比較的多くなってきたので、購入する時の判断基準としておすすめです。
(変換効率良い=損失少ない)→(節電+低発熱)

電源の変換効率  
80PLUS認証 電源負荷
20%時
電源負荷
50%時
電源負荷
100%時
TITANIUM 92% 94% 90%
PLATINUM 90% 92% 89%
GOLD 87% 90% 87%
SILVER 85% 88% 85%
BRONZE 82% 85% 82%
STANDARD 80% 80% 80%

電源負荷50%付近の変換効率が一番良い

BTOパソコンでは80PLUS STANDARD ~ GOLD 認証の電源が主流となっています。(大手PCメーカー系のBTOではパーツ仕様が公開されていない場合も多い)
自作ショップ系のBTOのハイグレードモデルではGOLDを超えるPLATINUMやTITANIUM電源を標準搭載、またはBTOカスタマイズで選択可能な製品も増えており、長期使用におけるシステム動作安定と省電力を考慮すると、上位認証の電源を選べる自作ショップ系のBTOパソコンがおすすめです。


+12V系統のシングルレーンとマルチレーン

電源選びで重要なのが、CPUやGPUなど消費電力の多いPCパーツが利用する+12V系統の出力です。
PC用電源では、+12V系統が1系統のシングルレーン方式と、+12V系統が複数系統(2~4系統)のマルチレーン方式があり、それぞれにメリットやデメリットがあります。

マルチレーンは欧州の安全基準に配慮し、1系統に流す電流を抑えた方式ですが、+12Vの1系統あたりの上限値がシングルレーンと比較すると少ない為、接続するPCパーツの組み合わせや使用環境によっては、いづれかの+12V系統で電力不足が生じる事が懸念されます。

その為、自作パソコン初心者の電源選びとしては、+12V系統が扱いやすいシングルレーンで、尚且つ+12V系統の出力ができるだけ大きな電源がおすすめです。

【 +12V シングルレーンの例】
AC 入力 AC100V
DC 出力 +3.3V +5V +12V -12V +5Vsb
最大電流 20A 20A 45A 0.3A 2.5A
最大電力 100W 540W 3.6W 12.5W
最大総合電力 550W

【 +12V マルチレーンの例】
AC 入力 AC100V
DC 出力 +3.3V +5V +12V1 +12V2 -12V +5Vsb
最大電流 20A 20A 30A 30A 0.5A 2.5A
最大電力 100W 540W (45A) 6W 12.5W
最大総合電力 550W


コネクターの種類

電源コネクター   接続先  
ATXメイン電源
(24ピン)
(20ピン+4ピン) 
コネクターの画像  コネクターの画像 マザーボードのメイン給電用で現在は24ピンが主流ですが、古い20ピンタイプにも対応出来る様に20ピン+4ピンに分離出来るコネクターもあります。
CPU用電源
ATX12V
(4ピン)
EPS12V
(8ピン)
コネクターの画像 コネクターの画像

コネクターの画像
CPUへの+12V給電用で4ピンと8ピンがあります。
コネクターは両方に対応する4ピン+4ピンに分離出来るタイプもあります。
 Serial ATA用電源 コネクターの画像 コネクターの画像 Serial ATAのドライブ(HDD/SSD/光学ドライブ)の給電用です。
ペリフェラル電源
(汎用4ピン)
コネクターの画像 コネクターの画像 古いIDE接続のHDD/光学ドライブや、ケースファン/ファンコントローラ等、汎用的な給電用に使われます。
FDD用電源 コネクターの画像 コネクターの画像 主にフロッピードライブの給電用として使われます。
 PCI Express用電源
(6ピン)
(8ピン)
コネクターの画像 コネクターの画像 ミドルクラスやハイエンドのグラフィックスボードの給電用として使われます。
6ピン+2ピンに分離出来るタイプもあります。


ページトップへの移動ボタン