BTOパソコンは量産型よりメリットが多い


BTOパソコンは激安の海外メーカー製PCと比較し、価格面では一歩譲る形となりますが、それではBTOパソコンのメリットとは何なのでしょうか。

BTOはその特性上、デバイス構成の柔軟さと汎用性・流動性の高さがあり、ユーザー個別の要求仕様や各PCパーツメーカーの最新動向にもフレキシブルに対応できます。
その為、BTOパソコンは量産型と比較し以下の様にメリットが多くあります。
  • BTOは必要な構成を選べる
  • BTOなら最新PCパーツをいち早く導入
  • BTOパソコンは自作への足掛かり
  • BTOなら故障時の対応が早くて安い
  • PCパーツのお得な無償アップグレード

BTOは必要な構成を選べる

BTOパソコンは、その名が示す通りオーダー(受注)を受けてからの各種デバイス組込みプロセスが大きな特徴で、ユーザー個々の構成要求に対し動作保証を前提として柔軟なカスタマイズが可能です。
これが量産型PCと比較して最も大きなメリットで、後からの変更が難しいパーツ(CPU・電源・マザーボード・PCケース等)や、相性問題が発生しやすいメモリー、OSの再インストールが必要となるシステムドライブ用ストレージ等、ユーザーが望むデバイス構成でPCメーカーが動作保証も含めてBTOパソコンをセットアップしてくれます。

BTOなら最新PCパーツをいち早く導入

新型のCPUやGPUが登場した際に、いち早く製品に展開出来るのが、メーカー直販のフットワークの良さを生かしたBTOパソコンのメリットです。

量産型PCよりも一歩先行く性能や最新機能を手に入れる事ができ、特に後からの変更が難しい(自作スキルや製品保証の都合で)CPUは、後々までパソコンの処理能力に大きく影響する為、少しでも高性能なモノが望ましいといえます。

量産型PCと比較してBTOパソコンは新型CPUへの対応が早く、インテルやAMD等のCPUメーカーの新製品発表後すぐに、BTO標準構成のCPUから新型CPUへの無償アップグレードが行われる事も多くあります。

BTOパソコンは自作への足掛かり

特に自作ショップ系のBTOパソコンは、自作で用いられる規格が定まったPCパーツを多用している為、自作入門機としても適しています。

量産型PCではコストダウンや小型化の為に専用設計のパーツや構造を採用する事も多く、これらは一般的に多く流通している自作用PCパーツと互換性が無い事もあり、汎用性の高さにおいてはBTOパソコンが優れています。

自作を始めたいけど、全くゼロから自分でPCパーツの選定や組込み、セットアップ作業を行うには荷が重い初心者にとって、部分的なパーツ変更や増設から始めれらるBTOパソコンがおすすめです。

BTOなら故障時の対応が早くて安い

他項でも述べている通り、BTOパソコン(特に自作ショップ系)は規格が定まったPCパーツを多く採用しており、これによる大きなメリットとして故障時やトラブル発生時の対応が行いやすい事があります。

BTOメーカー自体にも充実したサポート体制があり、一般的にはメーカーへ相談する形となりますが、早急に復旧させたい場合や修理費用を安くしたい場合、ある程度の自作スキルがあれば自分で早く安く対処する事も可能です。
もちろん内容によってはBTOパソコン自体の製品保証規定から外れる場合もある為、実施するかどうかは各ユーザーの判断となります。

PCパーツのお得な無償アップグレード

BTOパソコンでは、各種PCパーツのお得な無償アップグレードが頻繁に行われています。

【主な無償アップグレード内容】
  • ワンランク上のCPUへ
  • メモリー容量の倍増
  • HDD容量の増加やSSD追加
  • DVDドライブからブルーレイドライブへ
  • 80PLUS上位認証の高品質電源へ
  • OSの上位エディションへ
家電量販店やネットショップ等で販売されている量産型PCでは、基本的にメーカーから出荷された製品仕様そのままでの販売となり、各販売店での仕様や構成の変更は行われません。

これらの無償アップグレードもメーカー直販のフットワークの良さと、PCパーツ構成の柔軟性が高いBTOパソコンのメリットです。



トップページへの移動ボタン